家事代行は毎日の生活をサポートしてくれる|素早く家事をこなすコツ

案内作業員

便利屋さんの仕事

メモを取る人

困った時には頼りになります

昔から便利屋さんと名乗る人はいますが、どのような仕事が中心なのでしょうか。元々は、粗大ごみの撤去や庭の草むしりなど、体力勝負の重労働が中心でした。女性しかいない家庭の場合は、蛍光灯の交換をはじめとした電化製品全般の取り扱いや、犬の散歩といったこともよくあるようです。 近年では、体力勝負の仕事だけではなく、探偵に近い素行調査の依頼や、パソコンやスマートフォンに関する依頼、親戚の代理など、時代を背景とした依頼が増えています。 便利屋さんも、WEBを活用して自ら情報発信することが可能になったため、仕事の依頼を探しやすくなっており、仕事内容を事前にアナウンスすることもできるようになったため、トラブルも減っているようです。

電信柱の張り紙からWEBへ

昔は、便利屋さんの情報は電信柱の張り紙というのが一般的でしたが、現在では、WEBを活用している人が多いようです。依頼や問い合わせは、WEB内の指示に従って行えば、メール等で連絡がくるような仕組みです。電話での依頼も可能ですが、現在はメールの方が中心のようです。 便利屋さんでWEB展開している人の中には、他の仕事で稼働できない日時を詳しく表示している人もいます。依頼者は、お願いしたい日時が埋まっていれば、依頼日を別の日に変更するなど、事前に依頼日程の調整が行えるので、依頼予約がスムーズに行えるようになっています。お店の予約をするような形で、便利屋さんのマンパワーを時間予約するような感覚ですので、非常に簡単です。